図書館ホームページ>図書館の歩み

図書館の歩み / 歴代館長

    東京商船大学附属図書館 東京水産大学附属図書館
1875 明治 8年 私立三菱商船学校設立  
1882 明治15年 官立となり東京商船学校と改称、29年には商船学校となる  
1888 明治21年   大日本水産会水産伝習所の設立を東京府が認可
1897 明治30年
水産伝習所閉鎖、水産講習所創設
「水産講習所図書保管規定」及び「水産講習所図書借覧規定」を制定
1899 明治32年   「水産講習所図書保管規定」及び「水産講習所図書借覧規定」を改正
1902 明治35年 霊岸島から東京市深川区越中島へ移転 東京市深川区越中島に校舎が完成
1905 明治38年   図書掛を設置(庶務課から独立)
1909 明治42年   図書標本室が竣工
図書標本係主任(教官兼任)を設置
1912 明治45年   「図書標本委員会規定」を制定
1919 大正 8年 図書館(レンガ造2階建 約80坪)竣工  
1923 大正12年 関東大震災による火災で図書館を含む全校舎を焼失 関東大震災による火災で図書館を含む大部分の校舎を焼失、図書もほとんどを失う(約2万冊)
1927 昭和 2年   「ファルケンベルク文庫」の購入開始
1929 昭和 4年   「水産講習所處務細則」の改正により、教務課に図書係を設置
1932 昭和 7年 江東区深川越中島に図書館を含む新校舎が完成  
1933 昭和 8年   江東区深川越中島に新校舎が完成
1936 昭和11年
図書標本室が竣工
「岡村文庫」を購入
1945 昭和20年 東京・神戸・清水の商船学校を統合し、高等商船学校となる(本部は清水)  
1947 昭和22年   第一水産講習所と改称し、横須賀市久里浜へ移転
1949 昭和24年 商船大学となり、附属図書館及び分館(東京分校)設置 東京水産大学となり、附属図書館が設置される
「東京水産大学図書委員会規定」を制定
1950 昭和25年
東京水産大学は文部省所管となる
1951 昭和26年 附属図書館に司書第1係、司書第2係設置  
1953 昭和28年   「羽原文庫」を購入
1954 昭和29年   東京都港区芝海岸通への移転を開始
1956 昭和31年 東京移転
係の名称変更(総務係、運営係、事務係)
 
1957 昭和32年 国立学校設置法の一部改正により東京商船大学と改称
「図書閲覧規定」を制定
図書館の移転完了
1961 昭和36年   附属図書館(鉄筋コンクリート造2階建 1,430u)が竣工
「東京水産大学附属図書館規則」を制定
1963 昭和38年   東京水産大学70周年記念会から「瀬川文庫」の寄贈を受ける
1965 昭和40年 係の名称変更(総務係、運営係、整理係)  
1968 昭和43年 附属図書館(鉄筋コンクリート造2階建 1,716u)竣工  
1971 昭和46年   「としょかんほう」を創刊
1977 昭和52年   「東京水産大学図書委員会規定」を廃止し、「東京水産大学附属図書館運営委員会規則」を制定
事務部が管理係・整理係・閲覧係の3係となった
1978 昭和53年 係の名称変更(総務係、整理係、運営係→閲覧係)
1979 昭和54年
大型コレクション「チャレンジャー号探検記」の原本50冊を購入
1980 昭和55年 大型コレクション「米国海事関係裁判判例集」購入  
1981 昭和56年   附属図書館の増改築工事が完成(2,664uに増床)、BDS(図書無断持出防止装置)稼動
1982 昭和57年 大型コレクション「運輸問題関連文献集成(マイクロフィルム) 」購入
大型コレクション「ロイド海事判例集」購入
 
1983 昭和58年 オンライン情報検索(JOIS)の利用開始  
1986 昭和61年 NECのパーソナルコンピュータ導入、図書の管理開始  
1987 昭和62年 オンライン情報検索(NACSIS-IR)の利用開始 故久保伊津男教授記念事業会から「久保文庫」の寄贈を受ける
1988 昭和63年   創立百周年記念事業の一環として、貴重図書展を開催
オンライン情報検索(NACSIS-IR、JOIS、DIALOG等)の利用開始
1990 平成 2年 富士通のパーソナルコンピュータ導入、学術情報センターと接続 図書館業務の電算処理を開始(情報処理センターの端末 FACOM M-760/6を設置)、学術情報センターと接続
1992 平成 4年 図書館業務システム「CLIS400」(サン・データセンター)稼動
学術情報センターのILL(図書館間相互貸借)システムに接続
入退館管理システムを導入
学術情報センターのILL(図書館間相互貸借)システムに接続
係の名称変更(管理係、整理係→学術情報係、閲覧係→情報サービス係)
1994 平成 6年 書庫・閲覧室等改修工事(中2階を撤去、1階に電動式集密書架設置)および図書館外壁塗装工事 図書館業務システム「White River」(富士通)稼動
1995 平成 7年 BDS(図書無断持出防止装置)稼動 大型コレクション「軟体動物学に関する基本文献コレクション」9点、計20冊を購入
1996 平成 8年 図書館業務システム更新、「CLIS400」(サン・データセンター)  
1997 平成 9年   CD-ROMサーバシステムを導入
1998 平成10年   附属図書館ホームページを開設
1999 平成11年   図書館業務システム更新、「iLiswave」(富士通)
2000 平成12年 図書館業務システム更新、「LIMEDIO」(リコー)
係の名称変更(総務係、整理係→目録情報係、閲覧係→情報サービス係)
「東京水産大学附属図書館規則」を全面的に改正、「東京水産大学附属図書館利用細則」を制定
大型コレクション「IDC植物学マイクロフィッシュコレクション・藻類学と藻類」を購入
学外利用者に対し、館外貸出サービスを開始
2001 平成13年   電子ジャーナルの本格的な導入開始
2002 平成14年 海事資料のデジタル化開始
電子ジャーナルの本格的な導入開始

2003 平成15年
図書館業務システム更新、「iLiswave」(富士通)
システム更新に伴い、自動貸出装置導入

    東京海洋大学附属図書館
2003 平成15年
10月
大学統合に伴い、両附属図書館を統合。旧東京商船大学附属図書館は越中島分館となり、事務長1名のほか本館3係(総務係、学術情報係、情報サービス係)、分館2係(分館学術情報係、分館情報サービス係)の体制となる。
「東京海洋大学附属図書館規則」「同利用規則」「同運営委員会規則」を制定する。
2006
平成18年
8月
図書館業務システム更新、「iLiswave-J」(富士通)。旧東京水産大学附属図書館業務システム「iLiswave」(富士通)と旧東京商船大学附属図書館業務システム「LIMEDIO」(リコー)のデータ統合。
2008
平成20年4月
東京海洋大学学術機関リポジトリ「TUMSAT-OACIS」を本公開
2009
平成21年7月24日
天皇皇后両陛下が図書館主催「特別展示 天皇陛下の魚類学ご研究」をご視察された(図書館主催「特別展示 天皇陛下の魚類学ご研究」は平成21年7月1日〜7月30日、水産資料館2階展示室で開催)。 展示記録(学内のみ)
2011
平成23年2月
図書館業務システムを更新、「E-Cats Library」(NEC)
2014
平成26年3月
附属図書館本館の全面改修工事完了。新たに1階に協働学習スペース、アーカイブズ・ルーム等を整備し、大学会館側に出入り口を設置。また、第2書庫1階に集密書架設置。 当時の記録はこちら
2014
平成26年4月
事務組織改編により、図書館業務を含めた学術情報業務を総合的に統括する「学術情報課」体制に移行。総務係、情報企画係、学術情報第一係、情報サービス第一係、学術情報第二係、情報サービス第二係の6係の部署となった。
2016
平成28年1月
東京海洋大学学術機関リポジトリ「TUMSAT-OACIS」を共用リポジトリサービス「JAIRO Cloud」(NII)上へ移行し、クラウド化
2016
平成28年3月
図書館業務システム「E-Cats Library」(NEC)を更新するとともに、リンクリゾルバを導入
2020
令和2年6月
「東京海洋大学附属図書館の使命と目標」制定(6月23日 附属図書館運営委員会承認)


図書館ホームページに戻る