オンライン申込(MyLibrary/ラーニング・コモンズ/研究個室) 海洋大図書館利用案内 本/雑誌を探す 論文/記事を探す リモートアクセス 図書館利用ガイダンス リスト 連携機関 図書館の活動 Twitter・メールマガジン 大学史資料 品川キャンパス図書館改修工事

 

サイト内検索/Search

counter

2011/3/1-3571830

ラーニング・コモンズ/研究個室申込

品川キャンパス図書館1階のラーニングコモンズ、研究個室(※)の状況確認と予約が可能です。
予約に際しては、「品川キャンパス図書館グループ学習室等の利用の手引き」を熟読の上、ご利用ください。

※研究個室は、2階に4室(個室番号1~4)、1階に2室(個室番号5~6)があります。

施設イメージ、収容人数や設備概要はラーニング・コモンズ/研究個室のご案内をご参照ください。
 

予約状況(カレンダー)

前年2017次年
前月05次月
 
1(月)  
2(火)  
3(水)  
4(木)  
5(金)  
6(土)  
7(日)  
1階・グループ学習室(品川LC)(パブリックスペース)
     
1階・多目的室(品川LC)(パブリックスペース)
     
1階・Shoal Room(ショールーム)(品川LC)(パブリックスペース)
      
研究個室(品川LC)(パブリックスペース)
       

予約申込フォーム

以下の項目を入力して[決定]ボタンを押してください。
*印の項目は必須入力項目です。
*
*
*
開館日・開館時間内にご利用いただけます。
*
記入例)10:30-12:00
・「利用の手引き」第4により、最終利用時間は閉館時間の20分前までです。
・「利用の手引き」第5により、最大3時間まで利用可能です。
*
*
「会議」「打合せ」ではなく、「学習、調査並びに研究」という目的に沿った理由を簡潔に記述してください。
この理由と「利用の手引き」の各項目とを確認し、利用の可否を判断します。
*

※最大収容人数の目安:
 ・グループ学習室:20 ・多目的室:20 ・Shoal Room:40

※設備案内:
 ・グループ学習室:プロジェクタ、壁面ホワイトボード
 ・多目的室:テレビモニタ(40型、PC接続可、PCケーブルあり)、ホワイトボード
 ・Shoal Room:プロジェクタ、スクリーン、ホワイトボード
*
1人利用の選択は「研究個室」のみ可能です。
*
3人以上の場合、具体的な利用人数を記入してください。
*
*
(確認用)
その他ご希望がありましたらご記入ください

品川キャンパス図書館グループ学習室等の利用の手引き

平成26年7月1日

改訂 平成26年12月10日

改訂 平成27年3月31日

 

品川キャンパス図書館グループ学習室等の利用の手引き

 

(目的)

   この手引きは,国立大学法人東京海洋大学(以下,「本学」といいます。)附属図書館品川キャンパス図書館(以下,「図書館」といいます。)内の以下の部屋(以下,「部屋等」といいます。)の利用に関して,必要な事項を定めることを目的とします。

    1階グループ学習室

    1階多目的室

    1階Shoal Room

    2階研究個室

 

(利用の条件)

   部屋等の利用は,前項④以外においては3名以上のグループが,また前項④においては1名が,学習,調査並びに研究等を目的とした利用の場合に限り,占有した利用を許可します。
特に,前項③の占有利用は,大学院生,聴講生を含む本学学生(以下,「本学学生」といいます。)の自律的学習を図ることができること,もしくは本学学生の知的好奇心を刺激する活動である場合に限ります。
なお,前項③は,部屋の一部が図書館閲覧室への通路になっているため,完全に閉鎖しての利用はできませんのでご注意ください。
また,占有利用できる範囲は,プレゼンテーションスペース(金属の枠及び吊り下げプロジェクタの見える範囲内)のみとします。前項の①,②及び③は,申込がない場合は図書館利用者に開放します。
海洋の教育研究拠点の役割に鑑み,地域社会及び関連業界へ貢献するための見学等で用いる場合に限り,正規の利用を妨げない範囲でこれを例外的に認めるものとします。

 

(利用者の範囲)

   部屋等の利用は,以下の者のみとします。

(ア)本学学生

(イ)本学教職員

(ウ)その他附属図書館長が認める者
本項に該当する者は,利用申込時にその旨明記する必要があり,かつ本学図書館の施設利用が必要な理由を申込時に明記する必要があります。

 

(利用の時間)

   部屋等の利用は,原則として図書館開館日の開館時間から,閉館時間の20分前までとします。
ただし,特段の理由がある場合は,利用申込時にその理由を記載し,附属図書館長が認める場合に限り,図書館開館時間外の利用を許可します。

 

(利用の期間)

   部屋等の利用は,原則として1グループ当たり3時間を超えないものとします。
ただし,項番1の④以外の部屋等で,特段の理由がある場合は,利用申込時にその理由を記載し,附属図書館長が認める場合に限り,3時間を超えての利用を許可します。

 

(利用の申請)

   部屋等の利用は,以下の手順を踏むものとします。

  利用に当たっては,グループを代表する利用責任者を決めてください。
ただし,項番1の④のみ,利用する個人が利用責任者となります。

  利用責任者は,本学図書館ホームページ上にある申込フォームから,所定の申込を行ってください。
ただし,項番1の④のみ,利用希望当日に空き部屋がある場合に限り,2階カウンターでも申込を受け付けます。

  図書館は,申込内容と本手引きを確認し,利用責任者宛にメールにて利用の可否を通知します。
ただし,項番1の④のみ,2階カウンターで受け付けをした申込に限り,口頭で利用の可否を通知します。

  利用許可された場合は,予め通知された利用開始時刻から10分を経過するまでの間に,項番1の①,②及び③においては1階事務室(ただし平日の17時以降,土曜日及び臨時に開館した日においては2階カウンター)を,項番1の④においては2階カウンターを受付場所として,利用責任者の学生証もしくは本学発行の身分証明証を確認した上で,利用資格があるかどうかを確認します。

  利用が終了する前に,前項の受付場所にて,利用の終了を報告してください。
返納時,部屋等の原状復帰は必ず行ってください。図書館員による原状復帰確認を行います。

  一つのグループは同時に1部屋のみの申請を可能とし,当該の利用が終了するまで,新たな申請は受け付けません。
引き続き部屋の利用を希望する場合は,利用終了の10分前までに,本項④の受付場所の職員にお伝えください。その直後の時間帯の利用予定がない場合に限り,引き続き利用を許可します。なお,更新する場合も,項番5の利用の期間を超えないものとします。
ただし,特段の理由がある場合は,申込時にその理由を記載し,附属図書館長が認める場合に限り,同時に複数の部屋等を利用することができ,また項番5の利用の期間以上の利用ができるものとします。

  利用の申請は,利用希望日の1週間前(1週間前が閉館日の場合は,次の開館日)から受付を開始し,利用希望当日1時間半前まで受け付けます。
なお,項番1の④にあっては,利用希望当日10分前まで受け付けます。
ただし,項番1の④以外で,特段の理由がある場合は,申込時にその理由を記載し,附属図書館長が認める場合に限り,利用希望日の半年前から受け付けます。

  定期的な利用はできません。
ただし,項番1の④以外で,特段の理由がある場合は,申込時にその理由を記載し,附属図書館長が認める場合に限り,定期的な利用ができることとします。

 

(利用許可の取消等)

   以下の場合のいずれかに該当した場合,利用の許可を取り消しまたは利用を中止させていただきます。

(ア) 予め通知された利用開始時刻から10分を経過した場合。

(イ) 部屋等の管理上,支障があると認められる場合。

(ウ) 利用者がこの手引きに違反し,または図書館職員の指示に従わない場合。

(エ) その他附属図書館長が認めない場合。

 

(利用者の遵守事項)

   利用者は,以下のことを遵守しなければなりません。

(ア) 利用時間を厳守すること。

(イ) 喫煙及び飲食をしないこと(館内で許された方法での飲料の摂取は認めます。)

(ウ) 必要以上の騒音を発生させないこと。

(エ) 火気を用いないこと。

(オ) 備え付けの設備及び什器は丁寧に取り扱い,図書館外に持ち出さないこと。

(カ) 安全確認等のため,図書館員が利用の状況を把握する行為(部屋の外から状況を確認することや,研究個室の開錠を求めること等)を妨害しないこと。

(キ) 利用後は消灯及び原状復帰することとし,備え付けの設備及び什器を破損または滅失した場合,利用責任者はただちに弁償等を行うこと。

 

(雑則)

   この手引きに定めるもののほか,部屋等の利用に関し必要な事項は,図書館長等が別に定めます。

 

(部屋等の事務)

10       部屋等の管理運営等に関する事務は,学術情報課情報サービス第一係が行います。
   E-mail:jo-joho1@o.kaiyodai.ac.jpにて受け付けます。

以上

 

■お問い合わせ

東京海洋大学附属図書館 品川キャンパス図書館 2階カウンター
内線: 0444
E-mail: jo-joho1@o.kaiyodai.ac.jp