オンライン申込(MyLibrary/ラーニング・コモンズ/研究個室) 利用案内 本/雑誌を探す 論文/記事を探す リモートアクセス
 図書館利用ガイダンス リスト 連携機関 図書館の活動 Twitter・メールマガジン 大学史資料 品川キャンパス図書館改修工事

 

サイト内検索/Search

counter

2011/3/1-6413024

リモートアクセス

【リモートアクセスとは】
自宅・出張先など学外から、学内と同じ条件で本学契約の電子ジャーナルや文献データベースなどを利用することができるようになるサービスです。海洋大IDにより認証を行ないます。

【利用できる方】
本学に在籍している学生・教職員等で、海洋大IDを所有している方

【海洋大IDとは?】
海洋大ID通知書(ID・パスワード等記載)に記載されています。
メールアドレスの@の前の部分です。
※参考: 海洋大ID(情報処理センター)


【利用上の注意事項】
本学の学内情報システムの利用にあたっては、法令と本学の定める規定を遵守しなければなりません。
また、パスワードは、厳重に管理し、他人に知られることの無いようにしてください。

◆電子ジャーナル等を利用する上での注意及び禁止事項◆
電子ジャーナル、データベース等の利用にあたっては、以下の事項にも注意してください。
電子ジャーナル等は、個人の研究・学習目的で必要なとき、必要な論文だけを印刷したり、 ダウンロードしたりするのが原則です。
その原則を逸脱した行為は、不正利用とみなされ大学全体の利用が停止される恐れがあります。
そのため、以下のような行為は、絶対に行わないでください。
 *自動、手動等、手段を問わず、大量の論文を短時間にダウンロードすること
 *特定雑誌の1号全部の論文をダウンロードすること
 *ダウンロードした論文の複製・再加工等をすること
 *ダウンロードした論文を第三者に配布すること

上記事項を了承のうえ、以下の接続先より、海洋大ID・PWでログインし、「電子リソースを探す」よりご利用ください。

【利用終了後】
利用後は、画面右上の「ログアウト」をクリックしてください。


【困ったときは(FAQ)】
●上記リモートアクセス(SSL-VPN)での接続に不備がある場合
  ⇒ クライアントソフト(FortiClient)をご使用ください。FortiClientのインストール方法はこちら

リモートアクセス(SSL-VPN)経由での電子リソース利用に不備がある場合
(1) ScienceDirect(SD)
  SD画面レイアウトが崩れる現象が報告されています。
  その場合、リモートアクセス(SSL-VPN)から一旦ログアウトし、次の方法を試してください。

  ⇒ 方法1)学術認証フェデレーション(学認:GakuNin)による認証を試してください。
     ①ScienceDirectにアクセス
     ②画面右上 Sign in をクリック
     ③Sign in via your institution >Other institution をクリック
     ④"Tokyo University of Marine Science and Technology" で検索、もしくは、
       "Japanese Research and Education (GakuNin)" を選択し、
       表示される大学名一覧から「東京海洋大学」を選択する
     ⑤学認ログインページで、海洋大ID・統合認証用パスワードでログインする

  ⇒ 方法2)クライアントソフト(FortiClient)をご使用ください。FortiClientのインストール方法はこちら

(2) JDreamIII
  検索結果(「L1表示」「L2表示」...)を押下しても、タイトルリスト表示ができない現象が報告されています。
  ※動作環境もご確認ください。JDreamIIIの動作環境を確認する

  ⇒ クライアントソフト(FortiClient)をご使用ください。FortiClientのインストール方法はこちら
 
●ログインのボタンが見えない・表示されないとき
  ⇒ 画面の縮小(ズーム、Ctrl+-)を試してください。正常なログイン画面は以下の図のとおりです。
      Name: 海洋大ID を入力
      Password: 統合認証用パスワード を入力

SSL-VPNログイン画面


Last Update:2018/4/19