海洋大図書館が注目されました

筑波大学大学研究センターが主催するプログラム『Rcus大学マネジメント人材養成』の一貫として、先進的なマネジメントを取り入れている大学を訪問する「大学マネジメントフィールド調査」が、9月27日(月)18:30-21:30に図書館1階ロビーで開催されました。

当日は雨の中、他大学の職員の方及び指導教員の方17名が参加されました。図書館、鯨ギャラリーの見学、大学紹介や附属図書館の取り組みのプレゼン、海洋大職員との意見交換など、盛りだくさんの内容でしたが、参加者の方々は夜遅くまで熱心に取り組んでいました。

図書館見学では、水槽や企画展示、書庫の中なども案内しましたが、皆さんカメラを片手に人のいない夜の図書館ツアーを楽しんでいらっしゃる様子でした。  

学内からも松山学長、竹内理事、鈴木事務局長をはじめたくさんの方が出席してくださいました。プログラムの途中にはティータイムも設け、肌寒い日に温かいコーヒーとスイーツが好評でした。

今後も私ども図書館職員は、今回のプログラムで得た気づきを生かして「本・情報・人・興味あるテーマに出会える居心地よい場所としての図書館」を目指してまいります。


図書館:ミニ展示コーナー

客員准教授さかなクンの色紙説明では笑いも

熱心にメモをとっている方もいました

書庫も見学しました
 

松山学長からの大学紹介
 

岩松事務長補佐からの
図書館の特色あるサービスの取り組みの説明

鯨ギャラリーを見学
 

海洋大職員伊達係長から
取り組み事例の紹介

河野図書館長からの
図書館広報・区立図書館等との連携の説明

意見交換時の受講生からの質問

(海洋大について)コメントをいただきました

質問に答える海洋大職員


・当日の図書館発表資料はコチラです。→附属図書館の取り組みについて-その1(職員、学生のアイデアを活かす取り組み等について)


2010/10/31作成
東京海洋大学附属図書館