鯨肉調味方
 
書誌事項
TR:鯨肉調味方 / [小山田與清著]
PUB:[出版地不明] : [出版者不明] , 天保3[1832]
PHYS:31丁 ; 26cm
NOTE:「勇魚取繪詞」の別冊として刊行
NOTE:著者は、「勇魚取繪詞」による
 
所蔵
東京海洋大学附属図書館羽原文庫
 
解説
本書は巻末にあるように「勇魚取繪詞」の附録として出版された。鯨の部分の名称を 挙げて、どの部分であるかを示した上でその調理法を説明している。江戸時代には、 百珍物と言われる料理書が刊行された。百珍物は食材別の料理書であり、甘藷、海鰻、蒟蒻、鯛、豆腐等が刊行された。百珍物流行の口火をきった「豆腐百珍」の刊行年は 天明2(1782)年である。本書は鯨百珍とも言うべきものである。
なお、複製版が臨川書店より1978年に出版されている。

001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034

Copyright. 東京海洋大学附属図書館