海洋大図書館に高校生がインターンシップにきました


6月20日(金)の1日間、東京都立大江戸高校の2年生が2人インターンシップに来ました。

まず、図書館の開館準備からはじめて、午前は館内案内、OPACや図書館業務の説明。
それから、書架整理、ILL(他大学からの文献複写依頼の受付・他大学への依頼)、
貸出・返却をしてもらいました。

午後は、主に図書の登録・整理に関するお仕事でした。
図書のデータ登録や、バーコード貼付などをお願いしました。


 *2人の感想です*  

Iくん :
初めて、大学の図書館を訪れたのですが、公共の図書館といい意味違っていて、いい経験をさせてもらったと思います。
図書館での仕事というと、受付の人がメインだとばかり思っていたのですが、見えないところでの所蔵登録などの作業が、図書館を成り立たせているとわかったり、本当に充実した一日でした。

Sくん :
一階の所蔵登録作業と、二階のカウンター業務の作業はずいぶん違っていたけれど、図書館を利用される方が、いかにスムーズに目的の本を見つけられるかという点で、根本的にはつながっているのだなと思いました。
そしてそれは、様々な他の職業においても、同じことだと教わりました。機会があれば、またやりたいです。


午前


8:30〜9:00 
新聞の配架など開館準備。
いっぱい新聞ありますね・・・ 9:00〜9:45 
館内の案内やOPACの説明。
9:45〜10:15 
ブックポストの本を回収して返却処理。
10:15〜10:45
書架に配架。入らない…
10:45〜11:40 
他大学からの複写依頼を受付します。
書庫に雑誌を探してます。あるかな。 依頼を受けた文献を複写してます。
枚数が多かったです。
カウンターで貸出・返却体験。
 
 
午後
 
本の登録についての説明です。
身を乗り出して真剣に聞いています。
本の装備についての説明(1)です。 本の装備についての説明(2)です。
やさしく説明してくれます。
本に貼るラベルを印刷します。 本にラベルを貼ります。 作業の終わった本を配架します。


受け入れる私たちにとっても初めての体験でしたが、初々しい2人がとても頑張って仕事をしてくれて、頼もしく感じました。
図書館の仕事のことが少しでもわかってもらえたでしょうか。今回の経験がお二人に何かお役に立てれば、とてもうれしいです。
お二人の今後の活躍を期待します!

(2008年6月20日作成)