オンライン申込(MyLibrary/ラーニング・コモンズ/研究個室) 海洋大図書館利用案内 本/雑誌を探す 論文/記事を探す リモートアクセス 図書館利用ガイダンス リスト 連携機関 図書館の活動 Twitter・メールマガジン 大学史資料 品川キャンパス図書館改修工事

 

サイト内検索/Search

counter

2011/3/1-3571822

職場体験(越中島キャンパス)

職場体験(越中島キャンパス)の報告ページです。
 

深川第二中学校職場体験2017

2017年2月7日~9日に、深川第二中学校(江東区)の2年生1名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

朝9時、開館準備から職場体験が始まります。
新聞の付け替え、ブックポストの資料回収と返却処理を行い、予約資料の有無を確認します。
図書館全体の業務説明の後は、探検ツアーと館内見学を行いました。
OPAC(オンライン蔵書目録)での図書館資料の探し方を学んで、午前中は終了です。


午後は百周年記念資料館と明治丸を見学し、学生からの購入希望図書の発注について説明を受けました。
また、返却された図書を書架に戻す返本作業を行いました。

2日目


2日目は開館準備の一連の作業が終わった後、
貸出・返却などのカウンター業務と、ILL(図書館間相互利用)による文献複写受付を行いました。
ILLとは、全国の大学図書館が協力し合い、先生や学生が必要としている文献を提供するサービスです。
今回は他大学からの依頼を受け付け、越中島図書館にある資料をコピーして発送する業務を行いました。


午後からは学術情報係の業務説明を受け、新たに購入した図書の検収と受入という作業をしました。
また、研究室から返却された図書を、図書館用の装備に替える作業を行いました。

3日目

3日目は、現在、職員が行っている1階書庫の蔵書点検の作業を、生徒さんにも
体験してもらいました。
蔵書点検は、資料が所定の場所にあるか、確認していく作業です。
次に、前日検収・受入を行った図書のデータ登録、カバーかけなどの装備を行い、
新たに購入した図書が図書館の資料になるまでの流れを学びました。
休憩をはさんで反省会を行い、最後に3日間の感想を書いてもらって、職場体験は終了しました。

Sさんのコメント
私は、3日間東京海洋大学附属図書館越中島分館で、職業体験をさせて頂きました。職員の方は、沢山の事を教えて下さり、皆さんが真面目でした。
この職場体験を通して私は、2つの事を学びました。
1つ目は、仕事は遊びではないということです。仕事をするのには意味があります。
生活するのに必要なお金は勿論ですが、それだけではありません。
人としての礼儀や、挨拶、言葉遣いなど、自分の心を鍛える場所でもあると思いました。
2つ目は、挨拶の大切さです。
学校などでも言われますが、挨拶はコミュニケーションをとるために絶対に必要なんだと改めて感じました。
3日間の職場体験で、仕事の大切さや、楽しさ、重要さが分かりました。
東京海洋大学附属図書館越中島分館の皆さん、
3日間私の為に、お忙しい中職業体験の時間をくださり、ありがとうございました。
そして、沢山の事を教えて下さり、色々な資料を用意してくださりありがとうございました。
私は、これから、高校や大学に行っても、自分の夢に向かって努力していきたいと思います。
3日間本当にお世話になりました。


図書館からのコメント

昨年に続き、深川第二中学校から申し込みがありました。
今回は3日間ひとりだったので、気が抜けず、大変だったと思いますが、
2日目、3日目と進むにつれ、緊張も解け、どの仕事も楽しそうに取り組んでくれました。

仕事の後の片付け等、作業そのもの以外のところに気を配ることができるのもすばらしいです。

Sさんのコメントを拝見すると、この3日間が実り多いものであったことがうかがえ、私たちも嬉しく思います。
高校・大学へ行ってもがんばってください。
 

中村中学校職場体験2017

2017年1月12日~13日に、中村中学校(私立・江東区)の2年生2名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

朝9:00に集合し、まずは開館準備を行いました。
新聞を付け替え、ブックポストの資料を回収して返却処理をしていきます。
図書館全体の業務説明と探検ツアー・館内見学の後、
OPAC(オンライン蔵書目録)を使った資料の探し方を学びました。
最後に明治丸の見学をして、午前中は終了です。


午後は貸出・返却などのカウンター業務と、ILL(図書館間相互利用)による文献取寄依頼を行いました。
ILLとは、全国の大学図書館が協力しあい、先生や学生が必要としている文献を提供するサービスです。

学生からの図書購入希望の受付や、返本作業、書架整理も行いました。

2日目


朝の日課である開館準備と書架整理から一日が始まります。
学術情報係の業務説明を受けた後、1階書庫で雑誌の蔵書点検を行いました。
蔵書点検は、資料が所定の場所にあるか、確認していく作業です。


購入図書の検収、登録、装備を行い、
新たに購入した本が図書館の本棚に並ぶまでの流れを学びました。
最後に反省会を行って、職場体験は終了しました。

Oさんのコメント
私は今回職場体験をして思ったことがいくつかあります。
最初、図書館の仕事と言えば、貸出と返却などカウンターでの作業が主な仕事だと思っていました。
しかし職場体験を通してとても大変だったことが分かりました。
まず朝は新聞の配架をし、予約解除メールを送ったり、ブックポストを見たりして、朝から多忙でした。
簡単だと思っていた貸出や返却もただバーコードを読み取るだけではないと痛感しました。
2日目は特に大変で、緊張からか体調を崩してしまいました。
たくさんミスをしてたくさん迷惑をおかけしてしまいましたが、
「返本が早い。」「手先が器用。」など反省会ではたくさん誉めていただき、
働くことの喜びを知りました。とても嬉しかったです。
図書館の皆さまには、仕事の時間を割いてこのような貴重な体験をさせていただき、
本当にありがとうございました。

Hさんのコメント
図書館では、普段私たち利用者側からは見えないところでも細かい作業をしていて凄いと思いました。
貸出の時には、顔を見て笑顔ではっきりとした声で話さなければならないので、少し恥ずかしかったのですが、
貴重な経験が出来て良かったと感じています。
見学の際に見た明治丸はとても大きく、驚きましたが、
担当の方の話を聞かせていただいて、少し詳しくなれた気がしました。
今回は貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

図書館からのコメント

昨年度に続き、中村中学校から申し込みがありました。
二人とも、職員の説明を理解していることが態度に現れるので、こちらも教えやすかったです。
仕事の現場では、こうした態度は人に良い印象を与えるので大切なことです。
今回の体験を勉学にも活かし、今後も活躍されることを願っています。
 

私立駒場東邦中学校職場体験2016

2016年12月15日に、私立駒場東邦中学校(世田谷区)の2年生2名が、
越中島図書館で職場体験をしました。

午前


最初に、新聞の付け替え、ブックポストの資料の回収・返却といった開館準備をしていきます。
図書館業務全体の説明と館内見学を行った後、
OPAC(オンライン蔵書目録)を使った資料の検索方法を学びました。


休憩後、返却された図書を書架に戻す返本作業を行い、図書の発注について勉強しました。
また、カウンターに出て貸出・返却業務を行い、ILL
(図書館間相互利用)による文献取寄依頼を行いました。
ILLとは、全国の大学図書館が協力しあい、先生や学生が必要としている文献を提供するサービスです。

午後

午後からは学術情報係で業務説明を受けた後、
購入した図書の検収、登録・装備、カバーかけを行いました。
反省会後、今日の感想を書いてもらい、職場体験は終了しました。


Aさんのコメント
図書の貸し借りを処理するときに、何重にもチェックをしていることは知りませんでした。
また、自分の図書館にない文献を送ってもうILLという仕組みが
全国の大学や図書館などとつながっていることに驚きました。
本の装備をつける作業では、空気が入らないようにはったり、
織り込んだりする工程がすごく難しかったです。
このような大変な作業をしてくださっている職員の方々には
これからも感謝しなくてはならないと思いました。

Tさんのコメント
電動式の書庫を見たり、書籍の配架や書架整理をしたりと、
普段経験することのないことを経験することができ、とても勉強になりました。
小さいころから本を読むのが好きで、近所の図書館によく行っていたのですが、
いつも見ることのできない部分を見ることができ、楽しかったです。
また、学校の活動としての面で、今回の反省を生かしていきたいです。
今回の職業体験は、一日というとても短い間でしたが、いい経験になりました。
ありがとうございました。

まとめ
昨年、品川キャンパス図書館で受け入れた学校で、
今年度は品川・越中島キャンパス図書館の二手に分かれて職場体験を行いました。
越中島では二名の男子生徒を受け入れました。
二人とも熱心に説明を聞いて質問もしてくれたので、教えがいがありました。
また、理解も早く、滞りなく業務をこなしており、
勉学もこの姿勢で臨んでいることが想像できました。
今後のさらなる飛躍を願っております。

 

江東区立第四砂町中学校職場体験2016

2016年9月14日~16日に、江東区立第四砂町中学校の2年生2名が、
越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

朝9:00に集合し、最初に開館準備を行いました。
新聞を付け替え、ブックポストに入っていた資料を回収して返却・返本をしていきます。
その後は図書館業務全体の説明を受け、館内と学内施設を見学しました。

OPACやMyLibraryの機能を勉強した後、午後からはカウンターに出て貸出・返却業務を行い、
ILLによる文献取寄依頼を行いました。
ILL(図書館間相互利用)とは、全国の大学図書館が協力しあい、先生や学生が必要としている文献を提供するサービスです。

2日目

開館準備を行ってから、連携機関である江東区図書館へ図書の取り寄せを依頼しました。
その後は、百周年記念資料館、明治丸、明治丸記念館を見学しました。

午後からは学術情報係で業務説明を受けた後、
研究室から返却された図書を図書館用の装備に替える作業を行いました。

3日目

3日目も開館準備を行った後、購入した図書の検収、登録・装備、カバーかけを行いました。
反省会後、3日間の感想を書いてもらい、職場体験は終了しました。


Tさんのコメント
この図書館での体験で、人とのコミュニケーション能力の大切さを学ぶことが出来ました。
また、学校の授業の意味について、深く考えることができました。
ここで学んだ全てのことを忘れず、学校生活や、将来働くときに役立てていけるよう頑張ります。


Uさんのコメント
三日間、誠にありがとうございました。
外国人ですから、言葉が通じなくて、いろいろご迷惑をかけすみませんでした。
今度の職場体験で、学校では勉強できないことをたくさんやりました。
私の人生のたいせつな経験になりました。
大学図書館で本を整理することも楽しかったです。
パソコンの使う方法の難しさを感じました。
来年は図書委員になろうと思います。


まとめ
江東区立第四砂町中学校から初めての申込がありました。
二人とも職員の説明を真剣に聞き、作業を進めていたのが印象に残りました。
Tさんは鉄道など乗り物に興味があり、明治丸見学時はボランティアの話を目を輝かせて聞いていました。
Uさんは海外育ちで日本語での会話に少し自信がなさそうでしたが、仕事の内容はよく理解して取り組んでくれました。
職場体験で学んだことを将来に活かせるよう願っています。
 

東京都立富士高等学校附属中学校職場体験2016

2016年7月13日~15日に、東京都立富士高等学校附属中学校(中野区)の2年生2名が、
越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

朝9:00に集合し、さっそく開館準備の業務を行いました。
新聞を付け替え、ブックポストに入っている資料を回収して返却処理を行います。
その後は図書館業務全体の説明を受け、図書館内と学内を見学しました。


OPACの使い方を勉強した後、午後から貸出・返却などのカウンター業務とILLでの文献取り寄せ依頼・受付を行いました。
ILL(図書館間相互利用)とは、全国の大学図書館が協力しあい、先生や学生が必要としている文献を提供するサービスです。


2日目

開館準備を行ってから、品川図書館や連携機関の江東区図書館へ図書の取り寄せを依頼しました。
百周年記念資料館と明治丸を見学しました。


午後からは学術情報係で業務説明を受け、
研究室から返却された図書を図書館用の装備に変え、越中島会館の書庫へ運びました。

3日目

3日目も開館準備を行った後、購入した図書の検収、登録・装備、カバーかけを行いました。
反省会後、パソコンで3日間の感想を書きこみ、職場体験は終了しました。


Aさんのコメント
3日間の職場体験を通して、図書館での仕事は本などの貸出や返却だけでなく、
本棚をチェックしたり、パソコンのシステムに入力したりと
来館者のためにいろいろな工夫を凝らした仕事があるということがわかりました。
また、私の通っている中学の図書館とはなにもかもが違い、とてもびっくりしたし戸惑うこともありました。
そこを職場の方がやさしく丁寧に教えてくださったので、とても助かりました。
3日間本当にありがとうございました。


Bさんのコメント
三日間見学して感じたことは蔵書の数がものすごく多かったことです。区立の図書館とは、比べものになりませんでした。
電動の棚もあり初めて見るものばかりでした。
また、海洋大学附属図書館が全国の大学附属図書館とネットワークでつながっていることにも驚きました。
つながっていることにより、多くの本を読むことができ、また、借りることが出来るようになると思います。
充実した職場体験を受けることができました。勉強になりました。


まとめ
東京都立富士高等学校附属中学校の生徒さんから2年ぶりに申し込みがありました。今回で2回目です。
二人とも受け答えがしっかりしているだけでなく、
こちらが指示をしなくても自分たちで工夫して仕事を進めていたのには感心しました。
この体験を通じて、仕事の現場を少しでも理解していただけたのではないかと思います。
 

中村中学校職場体験2016

2016年1月14日~15日に、中村中学校(江東区)の2年生2名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

朝9:00に集合して、開館準備をしました。
新聞を付け替え、ブックポストの資料を回収し、返却処理業務を行いました。
図書館探検ツアーの後、OPACの使い方やカウンター業務の基礎知識などを学びました。


明治丸など学内の施設を見学して、午後は貸出・返却などのカウンター業務と文献の取寄せを依頼しました。
返本作業、書架整理も行いました。

2日目


朝の日課である開館準備と書架整理を行ってから、学術情報係で図書の受入から配架までの流れを体験しました。


午後は分類記号を決めるなどして、データ登録が終わった図書にラベル貼りやカバーかけなどの装備を行いました。
反省会のあと、パソコンで2日間の感想を打ち込み、終了です。


Fさんの感想
私は、東京海洋大学附属図書館で職場体験をしました。
職場体験をする前は、図書館の仕事は、カウンターで本の貸し出しと返却をするだけで、
容易な仕事だと思っていました。
けれど、職場体験を通して、図書館の仕事はとても多く大変なことがよくわかりました。
私が特に大変な作業だと思ったものは、2つあります。
1つ目は、本の貸し出しと返却です。見た感じだととても楽そうに見えるけれど、
本をパソコンに読み込んだ後に、一冊一冊ブックチェックをしなければならなくて大変でした。
2つ目は、本の装備です。本の装備は、シールを貼ったり、ブックカバーをつける仕事です。
まずシールの番号を決めるのに、パソコンを使うのがとても大変でした。
あとブックカバーの作業のとき、貼るときに、空気が入ったり、貼る位置がずれたり、
はさみできる作業がとても大変でした。
職場体験をして、図書館の仕事のことをよく知ることができました。
このような貴重な体験ができてよかったです。この経験を今後生かしていきたいです。


Kさんの感想
2日間の職場体験を終えて図書館はたくさんの仕事があって
いろいろな人に支えられて成り立っているのだなと思いました。
最初はカウンターの仕事と本を返すことだけかなと思っていました。
でも、実際は新聞の整理、パソコンを使った仕事などたくさんありました。
私が普段図書委員で行っている仕事は、十分の一にもみたないものなのだと思いました。
職場体験で教えていただいたことを図書委員の仕事や普段の学校生活に活かしていきたいです。
また、絶対に最高の発表にして、そして最高の思い出にしたいです。
ご迷惑をたくさんおかけしましたが、2日間とても楽しかったです。
とてもいい経験になりました。
本当にありがとうございました!

まとめ
今回三年ぶりに中村中学校から申込みがありました。
二人ともたいへんおとなしい生徒さんでしたが、職員の言うことをよく聞いて真面目に取り組んでいました。
職場体験を通じて、仕事というものは多くの人達が連携して行われているのだということを理解していただけた
と思います。
学校に戻ったら体験の成果を発表に役立ててください。
今後の二人のご活躍に期待しております。


 

深川第二中学校職場体験2015

2015年8月26日~28日に、深川第二中学校(江東区)の2年生2名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

朝9:00に集合して、開館準備をします。新聞を付け替え、ブックポストの資料を回収し、返却処理業務を行いました。
図書館探検ツアーの後、OPACの使い方やカウンター業務の基礎知識などを学びました。


学内見学をして、午後は貸出・返却などのカウンター業務と文献取寄せの依頼や受付を体験します。
返本作業、書架整理も行いました。

2日目


午前中は開館準備と品川キャンパス図書館に貸し出す本の発送処理を行いました。
図書の修理を体験した後、百周年記念資料館で明治丸や開催中の企画展についての説明を受けました。


午後は学術情報係の業務説明を受けた後、雑誌の受入や装備等を行いました。


3日目


最終日は、朝の日課である開館準備と返本作業を行ってから、雑誌の配架をしました。
その後、本のデータ登録、ラベル貼りやカバーかけなどの装備をしました。
反省会のあと、パソコンで2日間の感想を打ち込み、終了です。


Sさんの感想
私は小学5年生の時、委員会で図書委員の仕事をしたけど、
改めてこの職場体験で感じたことは、私たちは一部分しか見ていなくて、
実際は裏で肉体労働や、本の交換などをやっているんだと感じました。
また、図書館の本棚で収まりきらない本を別の場所に移し替える作業もあり、大変なんだなと感じました。
この職場体験で学んだことを活かして、
これからの学校生活で活かしたいなと思いました。


Tさんの感想
この3日間でいろいろなことを学びました。苦労したり、混乱したりすることがありました。
でも、そのおかげで知らなかったことが分かりました。
この経験を活かして、今後の活動に励みたいと思います。
自分にとって良い職業体験になりました。
とても楽しかったです。


まとめ
深川第二中学校から初めての申込がありました。三日間の職場体験でした。
MyLibraryを通しての購入希望図書依頼、発注、受入、装備、配架など一連の作業や
文献複写申込みなどの業務を行ってもらいました。
2人とも学校では図書委員会に所属し、図書館業務について興味津々で、
文献複写申込み業務の体験が楽しかったとのことでした。
これから大きな未来がひらけている中学生。
図書館職員になりたいという希望に胸ふくらませている姿に若さの素晴らしさを感じました。
勉学に励んで、夢を実現することを期待しております。


 

東洋英和女学院中学部職場体験2015

2015年7月29日~30日に、東洋英和女学院中学部(港区)の3年生2名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

開館準備として、新聞を付け替え、ブックポストの資料を回収し、返却処理をします。
館内見学の後、OPACの使い方やカウンター業務の基礎知識などを学びました。


学内見学をして、午後は貸出・返却、文献取寄せの依頼、図書の発注を体験します。
返本、書架整理も行いました。

2日目


開館準備と新着雑誌の配架を行ってから、学術情報係の業務について説明を受けます。
図書の受入、登録も行いました。

午後はラベル貼り、カバーかけなどの装備を行いました。
反省会のあと、パソコンで2日間の感想を打ち込み、終了です。


Hさんの感想
今回の職場体験では、お仕事の知らないことがまだまだあることを知りました。
表向きの業務の知識しかなかった私にとって、この体験はとても新鮮で
貴重なものでした。
たくさんのチェックと作業を通してから、私たちの手に渡る本を、もっと大切にしたいと思います。
そして、図書館のお仕事への興味がますます大きくなりました。
この二日間、本当にありがとうございました。


Wさんの感想
わたしがこの職場体験をさせていただきわかったのは、図書館の仕事だからと言って、
カウンターのお仕事だけではないということでした。
特に、書店に本を注文し、受け取って目録をつくり、スタンプやラベルをつけて、
透明のフィルムをつける作業をさせていただくと、思った以上に大変で、わたしたちが
図書館で本を利用できるようになるためには、こんなにも苦労があるものなのかと思いました。
その作業のなかでもフィルムをかけるのが本当に神経をつかう作業で、
新しい本すべてにこの作業をするなんて信じられないと思いました。
しかし、やり終えてみると達成感をかんじて、またやりたいと思うくらいでした。
そしてもうひとつ印象に残ったのは、最後にお仕事についてお話を伺った時、
こういう仕事は、ひとりでやればいいものではなくて、とおっしゃっていたことでした。
わたしたちは今回ふたつの部署を体験させていただきましたが、確かに、職員の方々はみなさんが、
ちがう部署であっても、少なからず協力しあってらっしゃるのをひしひしと感じました。
これは、わたしたちが就職するときはもちろん、いまからずっと役に立つことを
教えていただけたと思っています。
だから、ここで学んだことを、これからいつでもいかしていきたいです。
最後に、わたしたちをあたたかく見守ってくださった関係者の方々、いつも丁寧に
不慣れなわたしたちをけっしてめんどうくさがることもなく、優しく教えてくださり
二日間もわたしたちに時間をさいてくださったすべての職員の方々に感謝して、
この職場体験の感想とさせていただきます。


まとめ
今回は東洋英和女学院中学部から初めての申し込みでしたが、
体験したお二人は、ひとつひとつの仕事をひた向きに、かつ楽しみながらこなしていました。
特に初心者にはむずかしい本のカバーかけなど見事な仕上がりでした。
百周年記念資料館では、現在開催中の特別展「船が開く明治~商船教育140年記念展示~」
を見学し、本学や船の歴史について
熱心に解説を聞いていました。
今回の体験を勉学にも活かし、今後も活躍されることを期待しております。

 

有明中学校職場体験2014

2014年11月26日~28日に、有明中学校(江東区)の2年生3名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

9:00 開館準備から体験していただきました。新聞を付け替え、ブックポストの資料を回収し、返却処理をします。
館内見学の後、図書館の基礎知識などを学びました。


13:00 学内見学の後にお昼休みを取り、午後は貸出・返却、文献取寄せの依頼、図書の発注を体験します。
返本、書架整理も行いました。

2日目


開館準備と返本作業を行ってから、古い革装本の修理を体験しました。
その後百周年記念館に移動して、古いエンジンや明治丸などについて説明を受けました。


午後は学術情報係の業務の一環として図書の登録と装備を行いました。

3日目

朝の日課である開館準備と返本作業を行ってから、本のデータ登録、ラベル貼りなどの装備をしました。
蔵書点検にも取り組んでいただきました。反省会のあと、パソコンで2日間の感想を打ち込み、終了です。


Hさんの感想
僕は、初めて図書館の作業をいくつかやって普段は利用しない図書館の楽しさと作業の大変さを知りました。
いろんな作業があってその中で本を並べ替える作業や書庫を動かすのがとても楽しかったです。
自分で本を発注して本が届いた時はものすごい達成感でした。
本の修復作業など職場体験でしか出来ない事が体験できた貴重な三日間でした。
これからは図書館を利用したいなと思いました。

Kさんの感想
仕事はとても楽しかったです。
新聞の整理や本の修繕、大きな書庫で本を探したりと、とても表からでは分からないくらいの種類があり、
友達や職員さん達と協力して、様々な仕事を体験しました。
図書館で見る仕事といえば、本の整理をしたりカウンターで本の返却や貸し出しをしたりという姿ばかりですが、
その図書館を支えているのはその人たちだけではなかったのです。
そんな図書館の裏側を見て、僕はあまり図書館を知らなかったんだと感じました。

Sさんの感想
初めての職場体験で、初めは緊張して失敗してしまったらどうしようなどと考えてしまいました。
でも、図書館の人たちはとても優しく間違えてしまった時も優しく教えてくれました。
そして、少しずつ慣れてきてまともに仕事ができるようになりました。
図書館の裏側はとても仕事が沢山あって正直、大変でした。
そのかわり、達成感もとてもあって、充実した三日間の職場体験を終えることができました。
この、貴重な体験ができてとても良い勉強になりました。この体験を、将来社会に出た時に生かそうと思います。


まとめ
江東区立有明中学校から今回、初めて職場体験の申込がありました。
物理や技術などに関心がある生徒さんもいて、百周年記念資料館の見学の際には、
ディーゼルエンジンなどについて、説明するボランティアの方にたくさんの質問をしていました。
また、発注や整理などの業務についても一所懸命に取り組んでくれました。

今後、好きな教科の勉学に励んで、立派に社会で活躍することを楽しみにしております。

 

東京都立富士高等学校附属中学校職場体験2014

2014年11月12日~14日に、東京都立富士高等学校附属中学校(中野区)の2年生2名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

9:00 開館準備から体験していただきました。新聞を付け替え、ブックポストの資料を回収し、返却処理をします。
館内見学の後、図書館の基礎知識などを学びました。


13:00 午後は貸出・返却、文献取寄せの依頼、図書の発注を体験します。返本、書架整理も行いました。

2日目


開館準備と返本作業を行ってから、古い革装本の修理を体験しました。
その後百周年記念館に移動して、船の模型や古いエンジンなどについて説明を受けました。
午後は学術情報係の業務の一環として図書の登録と装備を行いました。

3日目

朝の日課である開館準備と返本作業を行ってから、本のデータ登録、ラベル貼りなどの装備をしました。
反省会のあと、パソコンで2日間の感想を打ち込み、終了です。


Eさんの感想
体験をさせていただく中、一番最初に思ったことは、業務の種類がとても多いということでした。
パソコンを使う業務などがあり、幅広かったですし、何より難しかったです。
それらを通じて、本が利用できるまでには大変な過程がたくさんあることを強く感じることができました。
学んだことを今後の生活で活かしていきたいと思います。

Nさんの感想
図書館の仕事といえば、カウンターでの作業や図書の整理を思い浮かべていました。
しかし、実際に体験させていただくとそれが一部分でしかないということに気づかされました。
図書の修理や装備は考えてみると図書館の仕事なのですが ぱっとは出てきません。
他にも図書の検収や登録などがありコンピューターを使う作業が意外に多いことに驚きました。
体験してみないと分からないことを学ぶことができて良かったです。三日間ありがとうございました。

まとめ
東京都立富士高等学校附属中学校から今回、初めてお申込みがありました。

図書・雑誌等の資料の発注から書棚に並べるまでの流れの業務や図書の修理、書庫での作業など体験してもらいました。初日に習った業務を素早く呑み込みこなしていく姿を間近で見て、将来、頼もしい社会人になるのではないかと感じられました。

今後、勉学に励み、立派に社会へ羽ばたくことを楽しみにしております。

 

中村中学校職場体験2013

2013年1月16日~17日に、中村中学校(江東区清澄)の2年生2名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

9:00 開館準備から図書館の1日がスタートします。
新聞室の新聞を付け替え、ブックポストの中の図書を回収、返却処理を行いました。


10:10 図書館探検ツアーで館内をまわった後、OPAC(オンライン蔵書目録)を使って資料を探します。
請求記号順になっている書架の並び方を把握したら、返却図書の配架も行います。


13:00 午後はカウンターでの貸出・返却作業と文献複写、購入希望の受付を体験。
他大学から依頼された文献を実際に探してきて複写し、送付しました。

2日目

9:00 図書の返却処理も慣れてきて前日よりスムーズです。閉架式書庫への資料の返却も行いました。
1F事務室に移動し、この日体験する学術情報係の業務の説明を受けます。


10:10 資料が図書館2階の本棚に並ぶまで、一連の作業を体験。
図書の登録と装備、雑誌は配架までを、自分の手でやってみました。


14:40 百周年記念資料館で、船のエンジンの仕組み等を見学しました。
図書館に戻り、反省会の後、パソコンで2日間の感想を打ち込み、終了です。

中学生の感想
Hさん:今回、初めて図書館で職場体験をさせていただきました。
そこでは、いろいろと大変な仕事を体験することができて、職場で働くということの責任や義務をあらためて考えさせられました。
ただ、大変な仕事だけでなく、カウンターでの業務など表向きの仕事も体験させていただけて、その楽しさも学ぶことができました。
普段見られない仕事の裏側を見ることができて、非常に新鮮でした。
また、大学内の史跡や記念館なども紹介していただくことができて、とても楽しい二日間を過ごすことかできました!

Tさん:楽しかった、この一言につきます!!
図書館の裏側に入れたり、貸出の手続きやパソコンで受け入れの作業など、普段だったら絶対に出来ない仕事をやらせてもらいました!
私は借りることはありますが、貸す立場になったのはこれが初めてで貸す立場はとても大変でした。
これらを通して学んだことは表面上だけで仕事を選ばないことです。なぜなら図書館での仕事は見かけによらずとてもハードで、それにパソコンに詳しくないと仕事にてこずると職員の方が言っていたからです。
将来のことはまだわかりませんが、このことを胸に頑張っていこうと思います!

中村中学校の生徒さんの職場体験は、すっかりおなじみの風景になりました。
パソコンを使った作業が多いことが意外で、最初は少し手こずっていたようですが、とても飲み込みが早く、こちらが驚きました。
職場体験の場に、図書館を第一希望に選んでくれた生徒さんらしく、業務の一つひとつに興味を持って、真剣に取り組んでくれました。
反省会で、開口一番「楽しかった!」と言ってもらえたことは、職員としてとても嬉しい思い出になりました。
お二人には、今回の職場体験で経験したことを思い出して、これからも楽しく図書館を利用していただければと思います。
2日間、おつかれさまでした!
 

神津中学校職場体験2012

2012年5月15日~17日に、神津中学校(東京都神津島村)の2年生1名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

開館準備 新聞を付け替え、ブックポストの資料を回収し、返却処理をします。


前日の入館者数など統計もつけます。OPACで本の探し方を学ぶと、さっそく返本作業の役に立っています。


午後はカウンターで貸出・返却、文献取寄せの依頼や図書の発注を行います。越中島会館書庫の作業もします。

2日目


朝の日課、開館準備と返本作業を行ってから、品川キャンパスへ移動。水産資料館と港区立港南図書館を見学。

3日目

本のデータ登録、ラベル貼りなどの装備をして、書棚に並べます。ここまでが一連の作業です。


新しく届いた雑誌を受け入れ、1階書庫に納めます。百周年記念資料館を見学し、2階から明治丸を見ました。

中学生の感想
この三日間、島ではできない貴重な体験をさせていただいたと思っています。
パソコン作業と本の返却場所を探すのが一番大変でした。利用者には見えない仕事がたくさん見られて良かったです。

まとめ
マンツーマンで緊張したと思いますが、ひとつひとつの仕事に真面目に取り組んでいました。
図書館の裏方の仕事や大学と公共図書館の違いを見たいとの希望だったので、港区の図書館も見学に入れました。
パソコンを使った作業の多さ、公共図書館のさまざまなイベントなど、いろいろと驚いていただけたようです。
また、離島からの来訪ということで、職員一同、興味津々で島の話を聞かせてもらいました。
自分の住んでいる地域のことを、自分の言葉で語れるのはすばらしいことです。
Mさんの話を聞いて、神津島に行ってみたくなりました。
今年、神津島にも図書館が開館するそうです。その際は、カウンターの後ろで起こっていることを思い出し、良き利用者になってください。
 

中村中学校職場体験2012

2012年1月18日~19日に、中村中学校(江東区清澄)の2年生2名が、越中島図書館で職場体験をしました。

1日目

9:00 開館準備 新聞室の新聞を付け替え、ブックポストの資料も回収します。

9:30 オリエンテーション・館内案内 職場体験の概要を聞き、図書館内をまわります。

13:00 配架、貸出・返却、他大学への文献複写物の送付などの業務を体験します。


2日目

9:00 昨日と同じように開館準備の作業をした後、目録業務の説明を受けます。

11:30 一冊の本をデータ登録から装備、棚に並べるまでの一連の作業をします。

15:30 百周年記念資料館を見学後、反省会を行い、感想を書きました。

中学生の感想
Oさん:図書館の仕事といえばカウンターしか見たことがなかったのですが、そんなの一割位で、二日間やらさせていただいた裏方の仕事の方がほとんどを占めていたので、想像と全く違う仕事に驚きでした。本のカバーの装着やカウンター、本や雑誌の発注などたくさんの仕事をやる中で専門用語もいくつもあって、ただ本を借りて返すだけしかやったことのない自分にはとても新鮮でした。本大好きな私には書庫を見れたことも嬉しかったです(笑) 職員のみなさんも温かくて、最後には緊張せずに楽しめました。越中島分館の皆さん、二日間お忙しい中本当にありがとうございました。

Kさん:私は公共の図書館や学校のよく図書室を利用しますが、仕事の内容は、カウンターの返却や貸出、返却された本の配架作業位だと思っていました。
しかし、実際はラベルの貼り付けや予約された本の取り寄せ等、さまざまな仕事をしていました。私は、図書館の仕事はもっと楽なものだと思っていましたが、今回の職場体験で、楽な仕事は無いということがよくわかりました。想像していた仕事と少し違うこともありましたが、とても将来のためになりました。

越中島では今回で職場体験の受入は7回目になります。
今回はよく笑う、かわいらしい生徒さんで、普段おとなしめの男子学生が多い環境にいる私たちに、とても新鮮な印象を残していきました。
毎回、いろいろな中学生・高校生が来て、それぞれが前向きに図書館の仕事を受け入れて、一生懸命私たちの話を聞いていきます。また、真剣に書いてくれるので、感想を読むのも励みになります。短い時間ではありますが、こうした経験を将来に役立ててくれるよう願っています。
 

中学生が図書館で職場体験をしました

2011年1月19日~20日に、中村中学校(江東区清澄)の2年生2名が、東京海洋大学附属図書館(越中島キャンパス)で職場体験をしました。
詳細は次のページをご覧ください。
http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/library/bunkan/experience/juniorhigh2011.html
 

高校生が図書館でインターンシップをしました

2010年6月25日に、東京都立大江戸高校(江東区千石)の二年生二名が、東京海洋大図書館(越中島キャンパス)でインターンシップをしました。
詳細は次のページをご覧ください。
http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/library/bunkan/experience/internship_high2010.html
 

中学生が図書館で職場体験をしました

2010年1月20日~21日に、中村中学校(江東区清澄)の2年生2名が、東京海洋大学附属図書館(越中島キャンパス)で職場体験をしました。
詳細は次のページをご覧ください。
http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/library/bunkan/experience/juniorhigh2010.html
 

高校生が図書館でインターンシップをしました

2009年6月19日に、東京都立大江戸高校(江東区千石)の二年生二名が、東京海洋大図書館(越中島キャンパス)でインターンシップをしました。
詳細は次のページをご覧ください。
http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/library/bunkan/experience/internship_high2009.html
 

中学生が図書館で職場体験をしました

2008年7月14日~16日に、江東区立深川第三中学校の二年生二名が、越中島図書館で職場体験をしました。
詳細は次のページをご覧ください。
http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/library/bunkan/experience/juniorhigh.html
 

高校生が図書館でインターンシップをしました

2008年6月20日に、東京都立大江戸高校(江東区千石)の二年生二名が、越中島図書館でインターンシップをしました。
詳細は次のページをご覧ください。
http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/library/bunkan/experience/high.html